AgentGate Member's Interview 社員紹介 # 02 社員紹介
橋本 涼一 Ryoichi Hashimoto

お金は大事。
仕事はなんでもやる。
でも、魂は売らない

橋本 涼一 Ryoichi Hashimoto
2014年 入社
ヒューマンネクスト2部
部長

現在の仕事内容は?

現在はヒューマンネクスト2部の部長をしています。
お客様のニーズに合わせてシステム開発から運用保守等、プロジェクトの成功をサポートさせて頂くことが、自分の部署の主な業務ですが、私はそれを実行するメンバーをさらにサポートするといった感じですね。マネジメントとして、まだまだ実績不足なので、言葉に説得力が欠けているのが悩みです。でも本人よりも親身になって、メンバーの事を知り、楽しくは働いてもらえるようにと心がけています。

どんな学生時代を送っていましたか?

とにかく遊ぶことに全力を尽くしていました。その結果、本当にたくさんの友人や先輩後輩に出会うことができた学生生活でした。仕事柄、渋谷・六本木で今も飲みにいくことが多いですが、当時の経験が役に立つ場面が多いのも全力出しといてよかったなと感じるところです。

AGへの入社を決めた理由は?

前職で一緒に働いていた先輩が、当時エージェントゲートの採用担当をしていて、久しぶりに一緒に飲みに行ったことをきっかけにいわゆる「リファラル採用」で入社しました。知人が勤めているというのは、本当に安心できるというか、じゃあ自分にも合うんじゃないかと思えたんですよね。結果、合ってました。

入社1年目で大変だったことは?

人材営業という繊細かつイレギュラーな状況が多発する業務において、自分が会社にコミットした数字を追いかける日々でした。そんな全力疾走な毎日の中で思い出に残っているのは、社長や先輩方に頻繁に食事に連れて行ったもらったことでしょうか。そのときの叱咤激励は、プレッシャーに押しつぶされそうな日々を支えてもらった感謝とともにとても強く心に残っています。新卒もいる中で自分は中途社員。とにかく誰よりも圧倒的に数字をやってやる、結果を残さなければいけない、というモチベーションで走り切りました。

これからAGで何を実現する?

プレイヤーの時とは違う視点、いかに事業を拡大していくか、売上、粗利、圧倒的な利益を出すにはどうすればいいか、そんなことを日々考えています。部下の指導含めマネジメントを行いながら、全員精鋭の事業部を自分が創っていければと考えています。

学生へのメッセージ

どんな環境においても、誰かに認められたり、結果を残したり、何かを得られるかはすべて自分次第です。早く成長したい、早く社会人として活躍したい、という願望を常に抱き、行動に起こせば、そこが自分の場所です。若い時こそ、物怖じせずに気合いで色んなことに挑戦してください。

社員インタビュー一覧