AgentGate Member's Interview 社員紹介 # 06 社員紹介
鈴木寛之 Hiroyuki Suzuki

七転び八起き

鈴木寛之 Hiroyuki Suzuki
2016年 入社
クリエイティブネクスト

現在の仕事内容は?

入社当初にちょうど新設した「クリエイティブネクスト事業部」にて、マネージャーを務めさせていただいております。部署自体がまだまだ少人数なため、マネジメントというよりも、プロジェクトマネージャー的な立ち位置から、ディレクション、デザイン、マークアップ、プログラムと、実作業で手を動かすことが多いですね。要はWeb界隈の何でも屋です(笑)。でもその分充実度は高く、本当に人生が楽しいですね。

どんな学生時代を送っていましたか?

学業、部活、アルバイト、遊びと結構均等に割り振ってました。学業は理数系が大好きで、英語が極端に苦手でした(笑) 部活はバスケをやっていて、今は地元でミニバスのACしてたりします。アルバイトは道路のライン引きから接客業まで色々とやってきましたが、実家がラーメン屋を営んでいたこともあり、長期のお休み中はほとんどそこで厨房に立っていました。なので、一般男性よりは、料理の腕に自信があります。

AGへの入社を決めた理由は?

とてもリアルで悲哀のある話なのですが、実は前の会社が倒産したことにより、路頭に迷いそうなところを、縁があってエージェントゲートに合流させていただいたんです。手前みそですが、しっかりしたホームページを持っていたことがかなりインパクト大きかったですね。会社がWebに対する理解をもっていれば、自分たちの仕事もしっかり評価していただけるのと、事業を推し進めていく上でスムーズに事が運ぶと思うので。

入社1年目で大変だったことは?

私は何度か転職歴がありますが、エージェントゲートは前職とはかけ離れた社風で、バリバリの営業スタイル。いままでにない社風だったので、それに馴染むのが一番大変でした。今ではこの社風に結構馴染めてきているかなと思っています。

これからAGで何を実現する?

クリエイティブネクストという部署を新設していただき、マネージャーという立場を任せていただいたので、もっと部署を大きくしていきたいですね。ただ、メンバー拡大的な意味というよりも、案件規模や、やっている内容を大きくしていきたい。いろんな案件に関わることでナレッジを貯め、最終的には自分達のサービスが作りたいと思っています。

学生へのメッセージ

今この瞬間があなたにとって一番頑張れる時。だからこそ”今”ベストを尽くそう。

社員インタビュー一覧